Work & Service

 

 

宝石は地球からのギフトです。気の遠くなるような永い年月を経て奇跡的に地表に表れてきました。その中でも選りすぐりの美しい色と艶のある宝石をご用意いたしております。

当店では大切な宝石・宝飾品と接するお客様のお気持ちの先にある幸せを具体的に表現するお手伝いを得意としております。

また、お手持ちのジュエリーの今後のご相談などお気軽にお問合せくださいませ。

 

Burmese Gemstone

2百万年宝石と歩んで来た私達の其の求める頂点に位置する深紅に輝くビルマ(ミャンマー)モゴック産非加熱のルビー、そして神秘的なロイヤルブルーサファイア。世界的なオークションでも注目の的です。幻の存在になりつつある現在も鉱山との永いリレーションシップでご要望にお応えいたしております。

Fine Gemstone Collection

宝石は希少で、美しく、そして感動を伴わなければ飽きてしまいます。厳選したしっかりとした存在感のある宝石を所有する喜びをお届けいたします。

Bridal & Present

熟練の職人がひとつひとつ丁寧に鍛造という手法でお造りする指輪は丈夫で変形しづらく、また指馴染みも良く生涯にわたって愛でる事ができます。

ダイアモンドも日本でカットされる極上コンディションの美しいピースを使用し圧倒的に美しい宝飾品を仕立てております(極小メレーサイズは厳選の輸入です)

 

 

Art

宝飾品はいつまでも心躍るパートナーでなければその存在の意味が無いかもしれません。持ち運びが出来る唯一の芸術品として、そして次の世代を超えて輝く品々をメディアトールでは創出しております。

Work & Service

宝石は地球からのギフトです。気の遠くなるような永い年月を経て奇跡的に地表に表れてきました。その中でも選りすぐりの美しい色と艶のある宝石をご用意いたしております。

メディアトールでは大切な宝石・宝飾品と接するお客様のお気持ちの先にある幸せを具体的に表現するお手伝いを得意としております。

また、お手持ちのジュエリーの今後のご相談などお気軽にお問合せくださいませ

Burmese Gemstone

2百万年宝石と歩んで来た私達の其の求める頂点に位置する深紅に輝くビルマ(ミャンマー)モゴック産非加熱のルビー、そして神秘的なロイヤルブルーサファイア。世界的なオークションでも注目の的です。幻の存在になりつつある現在も鉱山との永いリレーションシップでご要望にお応えいたしております。

Fine Gemstone Collection

宝石は希少で、美しく、そして感動を伴わなければ飽きてしまいます。厳選したしっかりとした存在感のある宝石を所有する喜びをお届けいたします。

Bridal & Present

熟練の職人がひとつひとつ丁寧に鍛造という手法でお造りする指輪は丈夫で変形しづらく、また指馴染みも良く生涯にわたって愛でる事ができます。

ダイアモンドも日本でカットされる極上コンディションの美しいピースを使用し圧倒的に美しい宝飾品を仕立てております(極小メレーサイズは厳選の輸入です)

 

Art

宝飾品はいつまでも心躍るパートナーでなければその存在の意味が無いかもしれません。持ち運びが出来る唯一の芸術品として、そして次の世代を超えて輝く品々をメディアトールでは創出しております。

Work & Service

宝石は地球からのギフトです。気の遠くなるような永い年月を経て奇跡的に地表に表れてきました。その中でも選りすぐりの美しい色と艶のある宝石をご用意いたしております。
メディアトールでは大切な宝石・宝飾品と接するお客様のお気持ちの先にある幸せを具体的に表現するお手伝いを得意としております。
また、お手持ちのジュエリーの今後のご相談などお気軽にお問合せくださいませ。

Burmese Gemstone

2百万年宝石と歩んで来た私達の其の求める頂点に位置する深紅に輝くビルマ(ミャンマー)モゴック産非加熱のルビー、そして神秘的なロイヤルブルーサファイア。世界的なオークションでも注目の的です。幻の存在になりつつある現在も鉱山との永いリレーションシップでご要望にお応えいたしております。

Fine Gemstone Collection

宝石は希少で、美しく、そして感動を伴わなければ飽きてしまいます。厳選したしっかりとした存在感のある宝石を所有する喜びをお届けいたします。

Bridal & Present

熟練の職人がひとつひとつ丁寧に鍛造という手法でお造りする指輪は丈夫で変形しづらく、また指馴染みも良く生涯にわたって愛でる事ができます。

ダイアモンドも日本でカットされる極上コンディションの美しいピースを使用し圧倒的に美しい宝飾品を仕立てております(極小メレーサイズは厳選の輸入です)

Art

宝飾品はいつまでも心躍るパートナーでなければその存在の意味が無いかもしれません。持ち運びが出来る唯一の芸術品として、そして次の世代を超えて輝く品々をメディアトールでは創出しております。

メディアトールからのお知らせです

 

当店では宝飾品を取り扱っておりますほかに文化貢献活動を新たに開始いたしました。南青山ならではのクールな雰囲気のなかでのイベントなど随時開催しております。宝石、宝飾品、アート作品、文化啓蒙などのお知らせを掲載してまいります。

『本の場所』7月16日(土)佐藤亜紀 「吸血鬼」朗読会

2016/07/11 16:13

小説に求める魅力のすべてを持ち合わせた作家、佐藤亜紀さんが初めて自作を朗読する場に「本の場所」を選んでくださいました。予約は締切りました。

『本の場所』7月2日(土)長谷川康夫 つかこうへい正伝

『亡国のイージス』(2005)で日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞されるなど現代の数々の名作の脚本を手掛ける長谷川康夫氏。舞台演劇を知らないでこられた方にもわかりやすい珠玉のトーク会です!
残席あと僅かです!

『本の場所』6月18日(土)柴田元幸 朗読会

海外文学を愛する人達から「神さま仏さまご先祖さま」とたたえられる柴田さんのナマの朗読会です。

締切りました。

2ct Mogok Pigeon's Blood Ruby Ring for Sale

2016/04/24 14:05

地球の至宝!ビルマ(ミャンマー)モゴック産、最高色ピジョンブラッドルビー(非加熱)をk18イエローゴールド、鍛造造りのオリジナル枠にセットいたしました。
「世界のトップ」を普段から身に着けていただきやすいようなデザインでご提案させていただきます。
大きさは堂々の2カラット、真紅に輝き、炎の如く魂揺さぶられます!
是非、ご自身の眼でお確かめになり心地良い馴染みをご体感くださいませ!

『本の場所』6月3(土)〜4(日) 曾我蕭白展

2016/06/03 16:17

江戸時代、京都画壇において蕭白は『画を望ば我に乞うべし 絵図を求んとならば円山主水よかるべし』と應挙のついて述べております。トークショーは南伸坊さん、伊野孝行をお迎えします。

『本の場所』5月21日(土)藤野可織「木幡狐」朗読会

2016/05/10 12:44

藤野可織さんの持ち前の自由奔放な想像力。物語の原型といえる御伽噺を前にしてもひるむことがないその世界を覗きに来て下さい。ご予約は「本の場所」のページから。

『本の場所』5月7日(土)萩原 健太「キヨシローからの伝言」

2016/05/04 19:23

“愛してるって僕は まだ まだ 言い足りないんだ…”

ぼくたちもその思いをまだまだ、もっともっと、受け止め続けたかった。

萩原健太氏が語る清志郎の本当のメッセージを皆さんで共有出来る日となるでしょう。

お席の予約を「本の場所」から。

『本の場所』4月17日(日)中島京子 新作「彼女に関する十二章」朗読会

2016/03/27 15:58

読者の想像力を信頼するスタイルの描写&軽重自在の豊かな声(文体)ゆえに、エンターテインメント系と思われるも、過去を描きながらもその向こうに常に“今”を見すえるという視野の広さで活躍する中島京子さんをお招きしての朗読会。「伊藤若冲」の「美術のおまけ」とともにお楽しみ下さいませ。

『本の場所』4月2日(土) 安藤紘平 「異聞 原節子と10人の男たち」

2016/03/27 15:50

ハイビジョン映像の先駆者 安東紘平氏をお招きしました。時代と運命に翻弄された「原節子」という女優の映像と逸話を検証し、その輪郭を皆さんで想像しようという試みです。締切りました

『本の場所』3月15日(火)川上 未映子「あこがれ」朗読会

2016/02/24 13:04

芥川賞ほか多数受賞してきた川上未映子さんは詩人でもありミュージシャンでもある異才のひとり。現代詩を思わせる先鋭的な文体で登場した川上未映子さんが4年ぶりの長篇にして最新の代表作の誕生させました。締切りました

『本の場所』3月4日(金)浅葉克己 「トンパ文字を書く」

2016/02/24 12:39

日本におけるデザインの歴史のなかで浅葉克己氏は後に続く者へ大いなる感覚を発信してまいりました。現在まで千年ものあいだ使われ続けている中国雲南に伝わる「トンパ文字」には現代の絵文字にもつながるデザインの魅力があるとおっしゃる浅葉氏と一緒に文字を書いてみませんか。お申し込みは「本の場所」より。

75ct Peridot Ring

2016/02/13 19:00

ビルマ(ミャンマー)では現在は採掘もままならないペリドットですが、過去には地表に近いところで極僅かに黄色みを含まないコクのある緑のペリドットが時折見つかりました。こちらの紛う事無き伝説的な大粒の宝石をプラチナ、ダイアモンドで仕立てたリング兼ペンダントのデザインに載せて販売いたします。他では決して見つかることはないでしょう、ご興味ございましたら是非のご連絡をお待ち申し上げます。

『本の場所』2月20日(土) 朝吹 真理子 「TIMELESS」ほか、朗読会

2016/02/03 14:35

2011年芥川賞を「きことわ」で受賞された朝吹さんにお越しいただきます。2016年1月号より「新潮」に「TIMELESS」第一回を発表、いったいどこに私達を連れて行っていただけるのでしょう。本の場所でお楽しみ下さいませ。定員に達しましたので締切りました。

『本の場所』2月6日(土)「特撮の秘密を聞く」

2016/02/03 14:12

私達は育った過程のどこかで誰しもが映画、テレビを通じて特撮を駆使した作品に触れ、その世界に魅了され想像力への刺激を受けてきました。今回は美術監督 池谷仙克さん、そして撮影監督 中堀正夫さんに特撮の世界をかたっていただきます。詳しくは「本の場所」よりご確認下さいませ。

『本の場所』1月22(金)23日(土)河鍋曉斎 肉筆画展 南伸坊

2015/12/23 13:53

この世ならざる絵師 曉斎の肉筆画でメディアトールが埋め尽くされます!全ての先入観を解き放ち、是非対面なさってくださいませ。申込制による南伸坊さんのトークもございます。詳しくは『本の場所』ページでご確認くださいませ。

『本の場所』1月16日(土)長嶋有 「問いのない答え」朗読会 

2015/12/23 13:06

新年は「遊びの達人」長嶋有さんの朗読会から始まります。芥川賞受賞後ますます文学系の遊びに磨きがかかるそのお人柄と同じ空間で何かを感じ取って下さいませ。詳しくは『本の場所』ページでご覧下さいませ。ご予約満了です

『本の場所』12月19日 星野智幸 「呪文」朗読会

2015/12/13 18:22

今年最後の『本の場所』を飾るのは星野智幸さんです。最新作「呪文」を、河鍋曉齊の滅多に見ることの無い肉筆画が掛けられた空間で朗読いたします。予約制です。「本の場所」のページからお申込みくださいませ。

『本の場所』12月6(日)7(月)歌川国芳 肉筆画展  

2015/11/29 16:24

現在フランスのプチパレで開催されている国芳展は大変な人気とのことです。その国芳の貴重な肉筆画を展示いたします。またいとうせいこうさん河治和香さんをお招きしてのトークショーも開催です。詳細は「本の場所」でご確認くださいませ。

『本の場所』11月28日 十文字美信 写真と朗読『或るもの』

2015/11/17 10:43

『或るもの』とは写真家十文字さんがその充実の活動のなかでなんとなく気になった風景です。

動機は無自覚、されど撮った写真はご自身の総体とおっしゃる十文字美信先生の世界へどうぞお越し下さいませ。

定員に達しましたので締め切りとさせていただきました

 

『本の場所』11月22日  いしいしんじ 「港、モンテビデオ」朗読会 

2015/11/17 10:31

今回の『本の場所』は「いしいしんじ」さんをお迎えして『港、モンテビデオ』の朗読会です。

是非、いししんじさんの表現とトーク、そして「美術のおまけつき」葛飾北斎はじめ晩秋の美術をお楽しみ下さいませ。詳しくは「本の場所」のページをご覧くださいませ。

定員に達しましたので締め切りとさせていただきました。有難うございます。

ビルマルビー2カラット極上品 

2015/08/26 13:58

ビルマ、モゴック地方から産出された紛うこと無き極上の2カラットのピジョンブラッドルビー。今後はもう殆どご覧になることは難しい、幻とも言えますこの最良のルビーを皆様にご案内いたします。どうぞこの機会にお手に取っていただき、伝説の本物を現実のものとして愛でていただきたく存じます。
鉱山直送の誠のトレサビリティとともに、『日独宝石研究所』の古屋正貴氏と辿り着いた、「ビルマ、モゴック産非加熱、無処理」という、徹底したデータに基づいた奇跡のルビーでございます。info@mediatoll.jpにてお問合せをお待ち申し上げます。sold

『鉄』創作デザイナー吉田拓也 『異異体』展 開催

7月10〜12日 11時〜19時

2015/07/10 11:00

卓越のセンスと技で顕われる鉄の創作アートを江戸絵画とともに展示、異次元の楽しさを実感出来る貴重な三日間です。入場無料です、お気軽にお越し下さいませ、お待ち申し上げます。

日独宝石研究所 JGGL青山レセプション開設

2015/07/17 11:00

メディアトールでは宝石の真贋鑑定を真摯に研究しております。いったん鉱山から離れた宝石にはありとあらゆる改変が試みられていても不思議ではない時代でございます。その真贋を最新の精密検査機、そして世界の鑑定機関と連携しながら時には鉱山に直に訪れ情報を収集してこられました「日独宝石研究所」の古屋正貴氏の協力をいただき皆様に安心して宝石をお持ち下されますよう宝石鑑定書作成のお手伝いをさせていただいております。

代々受け継がれております宝石や仕舞いこんである宝飾品、自分がお持ちの宝石類の価値を知りたい方がたくさんいらっしゃいます。どうぞお気軽にご相談およせくださいませ。セカンドオピニオンとしてもご利用くださ

メディアトールからのお知らせです

 

当店では宝飾品を取り扱っておりますほかに文化貢献活動を新たに開始いたしました。南青山ならではのクールな雰囲気のなかでのイベントなど随時開催しております。宝石、宝飾品、アート作品、文化啓蒙などのお知らせを掲載してまいります。

『本の場所』7月16日(土)佐藤亜紀 「吸血鬼」朗読会

小説に求める魅力のすべてを持ち合わせた作家、佐藤亜紀さんが初めて自作を朗読する場に「本の場所」を選んでくださいました。予約は締切りました。

『本の場所』7月2日(土)長谷川康夫 つかこうへい正伝

『亡国のイージス』(2005)で日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞されるなど現代の数々の名作の脚本を手掛ける長谷川康夫氏。舞台演劇を知らないでこられた方にもわかりやすい珠玉のトーク会です!
残席あと僅かです!

『本の場所』6月18日(土)柴田元幸 朗読会

海外文学を愛する人達から「神さま仏さまご先祖さま」とたたえられる柴田さんのナマの朗読会です。

締切りました。

2ct Mogok Pigeon's Blood Ruby Ring for Sale

地球の至宝!ビルマ(ミャンマー)モゴック産、最高色ピジョンブラッドルビー(非加熱)をk18イエローゴールド、鍛造造りのオリジナル枠にセットいたしました。
「世界のトップ」を普段から身に着けていただきやすいようなデザインでご提案させていただきます。
大きさは堂々の2カラット、真紅に輝き、炎の如く魂揺さぶられます!
是非、ご自身の眼でお確かめになり心地良い馴染みをご体感くださいませ!

『本の場所』6月3(土)〜4(日) 曾我蕭白展

江戸時代、京都画壇において蕭白は『画を望ば我に乞うべし 絵図を求んとならば円山主水よかるべし』と應挙のついて述べております。トークショーは南伸坊さん、伊野孝行をお迎えします。

『本の場所』5月21日(土)藤野可織「木幡狐」朗読会

藤野可織さんの持ち前の自由奔放な想像力。物語の原型といえる御伽噺を前にしてもひるむことがないその世界を覗きに来て下さい。ご予約は「本の場所」のページから。

『本の場所』5月7日(土)萩原 健太「キヨシローからの伝言」

“愛してるって僕は まだ まだ 言い足りないんだ…”

ぼくたちもその思いをまだまだ、もっともっと、受け止め続けたかった。

萩原健太氏が語る清志郎の本当のメッセージを皆さんで共有出来る日となるでしょう。

お席の予約を「本の場所」から。

『本の場所』4月17日(日)中島京子 新作「彼女に関する十二章」朗読会

読者の想像力を信頼するスタイルの描写&軽重自在の豊かな声(文体)ゆえに、エンターテインメント系と思われるも、過去を描きながらもその向こうに常に“今”を見すえるという視野の広さで活躍する中島京子さんをお招きしての朗読会。「伊藤若冲」の「美術のおまけ」とともにお楽しみ下さいませ。

『本の場所』4月2日(土) 安藤紘平 「異聞 原節子と10人の男たち」

ハイビジョン映像の先駆者 安東紘平氏をお招きしました。時代と運命に翻弄された「原節子」という女優の映像と逸話を検証し、その輪郭を皆さんで想像しようという試みです。締切りました

『本の場所』3月15日(火)川上 未映子「あこがれ」朗読会

芥川賞ほか多数受賞してきた川上未映子さんは詩人でもありミュージシャンでもある異才のひとり。現代詩を思わせる先鋭的な文体で登場した川上未映子さんが4年ぶりの長篇にして最新の代表作の誕生させました。締切りました

『本の場所』3月4日(金)浅葉克己 「トンパ文字を書く」

日本におけるデザインの歴史のなかで浅葉克己氏は後に続く者へ大いなる感覚を発信してまいりました。現在まで千年ものあいだ使われ続けている中国雲南に伝わる「トンパ文字」には現代の絵文字にもつながるデザインの魅力があるとおっしゃる浅葉氏と一緒に文字を書いてみませんか。お申し込みは「本の場所」より。

75ct Peridot Ring

ビルマ(ミャンマー)では現在は採掘もままならないペリドットですが、過去には地表に近いところで極僅かに黄色みを含まないコクのある緑のペリドットが時折見つかりました。こちらの紛う事無き伝説的な大粒の宝石をプラチナ、ダイアモンドで仕立てたリング兼ペンダントのデザインに載せて販売いたします。他では決して見つかることはないでしょう、ご興味ございましたら是非のご連絡をお待ち申し上げます。

『本の場所』2月20日(土) 朝吹 真理子 「TIMELESS」ほか、朗読会

2011年芥川賞を「きことわ」で受賞された朝吹さんにお越しいただきます。2016年1月号より「新潮」に「TIMELESS」第一回を発表、いったいどこに私達を連れて行っていただけるのでしょう。本の場所でお楽しみ下さいませ。定員に達しましたので締切りました。

『本の場所』2月6日(土)「特撮の秘密を聞く」

私達は育った過程のどこかで誰しもが映画、テレビを通じて特撮を駆使した作品に触れ、その世界に魅了され想像力への刺激を受けてきました。今回は美術監督 池谷仙克さん、そして撮影監督 中堀正夫さんに特撮の世界をかたっていただきます。詳しくは「本の場所」よりご確認下さいませ。

『本の場所』1月22(金)23日(土)河鍋曉斎 肉筆画展 南伸坊

この世ならざる絵師 曉斎の肉筆画でメディアトールが埋め尽くされます!全ての先入観を解き放ち、是非対面なさってくださいませ。申込制による南伸坊さんのトークもございます。詳しくは『本の場所』ページでご確認くださいませ。

『本の場所』1月16日(土)長嶋有 「問いのない答え」朗読会 

新年は「遊びの達人」長嶋有さんの朗読会から始まります。芥川賞受賞後ますます文学系の遊びに磨きがかかるそのお人柄と同じ空間で何かを感じ取って下さいませ。詳しくは『本の場所』ページでご覧下さいませ。ご予約満了です

『本の場所』12月19日 星野智幸 「呪文」朗読会

今年最後の『本の場所』を飾るのは星野智幸さんです。最新作「呪文」を、河鍋曉齊の滅多に見ることの無い肉筆画が掛けられた空間で朗読いたします。予約制です。「本の場所」のページからお申込みくださいませ。

『本の場所』12月6(日)7(月)歌川国芳 肉筆画展  

現在フランスのプチパレで開催されている国芳展は大変な人気とのことです。その国芳の貴重な肉筆画を展示いたします。またいとうせいこうさん河治和香さんをお招きしてのトークショーも開催です。詳細は「本の場所」でご確認くださいませ。

『本の場所』11月28日 十文字美信 写真と朗読『或るもの』

『或るもの』とは写真家十文字さんがその充実の活動のなかでなんとなく気になった風景です。

動機は無自覚、されど撮った写真はご自身の総体とおっしゃる十文字美信先生の世界へどうぞお越し下さいませ。

定員に達しましたので締め切りとさせていただきました

 

『本の場所』11月22日  いしいしんじ 「港、モンテビデオ」朗読会 

今回の『本の場所』は「いしいしんじ」さんをお迎えして『港、モンテビデオ』の朗読会です。

是非、いししんじさんの表現とトーク、そして「美術のおまけつき」葛飾北斎はじめ晩秋の美術をお楽しみ下さいませ。詳しくは「本の場所」のページをご覧くださいませ。

定員に達しましたので締め切りとさせていただきました。有難うございます。

ビルマルビー2カラット極上品 

ビルマ、モゴック地方から産出された紛うこと無き極上の2カラットのピジョンブラッドルビー。今後はもう殆どご覧になることは難しい、幻とも言えますこの最良のルビーを皆様にご案内いたします。どうぞこの機会にお手に取っていただき、伝説の本物を現実のものとして愛でていただきたく存じます。
鉱山直送の誠のトレサビリティとともに、『日独宝石研究所』の古屋正貴氏と辿り着いた、「ビルマ、モゴック産非加熱、無処理」という、徹底したデータに基づいた奇跡のルビーでございます。info@mediatoll.jpにてお問合せをお待ち申し上げます。sold

『鉄』創作デザイナー吉田拓也 『異異体』展 開催

7月10〜12日 11時〜19時

卓越のセンスと技で顕われる鉄の創作アートを江戸絵画とともに展示、異次元の楽しさを実感出来る貴重な三日間です。入場無料です、お気軽にお越し下さいませ、お待ち申し上げます。

日独宝石研究所 JGGL青山レセプション開設

メディアトールでは宝石の真贋鑑定を真摯に研究しております。いったん鉱山から離れた宝石にはありとあらゆる改変が試みられていても不思議ではない時代でございます。その真贋を最新の精密検査機、そして世界の鑑定機関と連携しながら時には鉱山に直に訪れ情報を収集してこられました「日独宝石研究所」の古屋正貴氏の協力をいただき皆様に安心して宝石をお持ち下されますよう宝石鑑定書作成のお手伝いをさせていただいております。

代々受け継がれております宝石や仕舞いこんである宝飾品、自分がお持ちの宝石類の価値を知りたい方がたくさんいらっしゃいます。どうぞお気軽にご相談およせくださいませ。セカンドオピニオンとしてもご利用くださ

メディアトールからのお知らせです

 

当店では宝飾品を取り扱っておりますほかに文化貢献活動を新たに開始いたしました。南青山ならではのクールな雰囲気のなかでのイベントなど随時開催しております。宝石、宝飾品、アート作品、文化啓蒙などのお知らせを掲載してまいります。

『本の場所』7月16日(土)佐藤亜紀 「吸血鬼」朗読会

2016/07/11 16:13

小説に求める魅力のすべてを持ち合わせた作家、佐藤亜紀さんが初めて自作を朗読する場に「本の場所」を選んでくださいました。予約は締切りました。

『本の場所』7月2日(土)長谷川康夫 つかこうへい正伝

『亡国のイージス』(2005)で日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞されるなど現代の数々の名作の脚本を手掛ける長谷川康夫氏。舞台演劇を知らないでこられた方にもわかりやすい珠玉のトーク会です!
残席あと僅かです!

『本の場所』6月18日(土)柴田元幸 朗読会

海外文学を愛する人達から「神さま仏さまご先祖さま」とたたえられる柴田さんのナマの朗読会です。

締切りました。

2ct Mogok Pigeon's Blood Ruby Ring for Sale

2016/04/24 14:05

地球の至宝!ビルマ(ミャンマー)モゴック産、最高色ピジョンブラッドルビー(非加熱)をk18イエローゴールド、鍛造造りのオリジナル枠にセットいたしました。
「世界のトップ」を普段から身に着けていただきやすいようなデザインでご提案させていただきます。
大きさは堂々の2カラット、真紅に輝き、炎の如く魂揺さぶられます!
是非、ご自身の眼でお確かめになり心地良い馴染みをご体感くださいませ!

『本の場所』6月3(土)〜4(日) 曾我蕭白展

2016/06/03 16:17

江戸時代、京都画壇において蕭白は『画を望ば我に乞うべし 絵図を求んとならば円山主水よかるべし』と應挙のついて述べております。トークショーは南伸坊さん、伊野孝行をお迎えします。

『本の場所』5月21日(土)藤野可織「木幡狐」朗読会

2016/05/10 12:44

藤野可織さんの持ち前の自由奔放な想像力。物語の原型といえる御伽噺を前にしてもひるむことがないその世界を覗きに来て下さい。ご予約は「本の場所」のページから。

『本の場所』5月7日(土)萩原 健太「キヨシローからの伝言」

2016/05/04 19:23

“愛してるって僕は まだ まだ 言い足りないんだ…”

ぼくたちもその思いをまだまだ、もっともっと、受け止め続けたかった。

萩原健太氏が語る清志郎の本当のメッセージを皆さんで共有出来る日となるでしょう。

お席の予約を「本の場所」から。

『本の場所』4月17日(日)中島京子 新作「彼女に関する十二章」朗読会

2016/03/27 15:58

読者の想像力を信頼するスタイルの描写&軽重自在の豊かな声(文体)ゆえに、エンターテインメント系と思われるも、過去を描きながらもその向こうに常に“今”を見すえるという視野の広さで活躍する中島京子さんをお招きしての朗読会。「伊藤若冲」の「美術のおまけ」とともにお楽しみ下さいませ。

『本の場所』4月2日(土) 安藤紘平 「異聞 原節子と10人の男たち」

2016/03/27 15:50

ハイビジョン映像の先駆者 安東紘平氏をお招きしました。時代と運命に翻弄された「原節子」という女優の映像と逸話を検証し、その輪郭を皆さんで想像しようという試みです。締切りました

『本の場所』3月15日(火)川上 未映子「あこがれ」朗読会

2016/02/24 13:04

芥川賞ほか多数受賞してきた川上未映子さんは詩人でもありミュージシャンでもある異才のひとり。現代詩を思わせる先鋭的な文体で登場した川上未映子さんが4年ぶりの長篇にして最新の代表作の誕生させました。締切りました

『本の場所』3月4日(金)浅葉克己 「トンパ文字を書く」

2016/02/24 12:39

日本におけるデザインの歴史のなかで浅葉克己氏は後に続く者へ大いなる感覚を発信してまいりました。現在まで千年ものあいだ使われ続けている中国雲南に伝わる「トンパ文字」には現代の絵文字にもつながるデザインの魅力があるとおっしゃる浅葉氏と一緒に文字を書いてみませんか。お申し込みは「本の場所」より。

75ct Peridot Ring

2016/02/13 19:00

ビルマ(ミャンマー)では現在は採掘もままならないペリドットですが、過去には地表に近いところで極僅かに黄色みを含まないコクのある緑のペリドットが時折見つかりました。こちらの紛う事無き伝説的な大粒の宝石をプラチナ、ダイアモンドで仕立てたリング兼ペンダントのデザインに載せて販売いたします。他では決して見つかることはないでしょう、ご興味ございましたら是非のご連絡をお待ち申し上げます。

『本の場所』2月20日(土) 朝吹 真理子 「TIMELESS」ほか、朗読会

2016/02/03 14:35

2011年芥川賞を「きことわ」で受賞された朝吹さんにお越しいただきます。2016年1月号より「新潮」に「TIMELESS」第一回を発表、いったいどこに私達を連れて行っていただけるのでしょう。本の場所でお楽しみ下さいませ。定員に達しましたので締切りました。

『本の場所』2月6日(土)「特撮の秘密を聞く」

2016/02/03 14:12

私達は育った過程のどこかで誰しもが映画、テレビを通じて特撮を駆使した作品に触れ、その世界に魅了され想像力への刺激を受けてきました。今回は美術監督 池谷仙克さん、そして撮影監督 中堀正夫さんに特撮の世界をかたっていただきます。詳しくは「本の場所」よりご確認下さいませ。

『本の場所』1月22(金)23日(土)河鍋曉斎 肉筆画展 南伸坊

2015/12/23 13:53

この世ならざる絵師 曉斎の肉筆画でメディアトールが埋め尽くされます!全ての先入観を解き放ち、是非対面なさってくださいませ。申込制による南伸坊さんのトークもございます。詳しくは『本の場所』ページでご確認くださいませ。

『本の場所』1月16日(土)長嶋有 「問いのない答え」朗読会 

2015/12/23 13:06

新年は「遊びの達人」長嶋有さんの朗読会から始まります。芥川賞受賞後ますます文学系の遊びに磨きがかかるそのお人柄と同じ空間で何かを感じ取って下さいませ。詳しくは『本の場所』ページでご覧下さいませ。ご予約満了です

『本の場所』12月19日 星野智幸 「呪文」朗読会

2015/12/13 18:22

今年最後の『本の場所』を飾るのは星野智幸さんです。最新作「呪文」を、河鍋曉齊の滅多に見ることの無い肉筆画が掛けられた空間で朗読いたします。予約制です。「本の場所」のページからお申込みくださいませ。

『本の場所』12月6(日)7(月)歌川国芳 肉筆画展  

2015/11/29 16:24

現在フランスのプチパレで開催されている国芳展は大変な人気とのことです。その国芳の貴重な肉筆画を展示いたします。またいとうせいこうさん河治和香さんをお招きしてのトークショーも開催です。詳細は「本の場所」でご確認くださいませ。

『本の場所』11月28日 十文字美信 写真と朗読『或るもの』

2015/11/17 10:43

『或るもの』とは写真家十文字さんがその充実の活動のなかでなんとなく気になった風景です。

動機は無自覚、されど撮った写真はご自身の総体とおっしゃる十文字美信先生の世界へどうぞお越し下さいませ。

定員に達しましたので締め切りとさせていただきました

 

『本の場所』11月22日  いしいしんじ 「港、モンテビデオ」朗読会 

2015/11/17 10:31

今回の『本の場所』は「いしいしんじ」さんをお迎えして『港、モンテビデオ』の朗読会です。

是非、いししんじさんの表現とトーク、そして「美術のおまけつき」葛飾北斎はじめ晩秋の美術をお楽しみ下さいませ。詳しくは「本の場所」のページをご覧くださいませ。

定員に達しましたので締め切りとさせていただきました。有難うございます。

ビルマルビー2カラット極上品 

2015/08/26 13:58

ビルマ、モゴック地方から産出された紛うこと無き極上の2カラットのピジョンブラッドルビー。今後はもう殆どご覧になることは難しい、幻とも言えますこの最良のルビーを皆様にご案内いたします。どうぞこの機会にお手に取っていただき、伝説の本物を現実のものとして愛でていただきたく存じます。
鉱山直送の誠のトレサビリティとともに、『日独宝石研究所』の古屋正貴氏と辿り着いた、「ビルマ、モゴック産非加熱、無処理」という、徹底したデータに基づいた奇跡のルビーでございます。info@mediatoll.jpにてお問合せをお待ち申し上げます。sold

『鉄』創作デザイナー吉田拓也 『異異体』展 開催

7月10〜12日 11時〜19時

2015/07/10 11:00

卓越のセンスと技で顕われる鉄の創作アートを江戸絵画とともに展示、異次元の楽しさを実感出来る貴重な三日間です。入場無料です、お気軽にお越し下さいませ、お待ち申し上げます。

日独宝石研究所 JGGL青山レセプション開設

2015/07/17 11:00

メディアトールでは宝石の真贋鑑定を真摯に研究しております。いったん鉱山から離れた宝石にはありとあらゆる改変が試みられていても不思議ではない時代でございます。その真贋を最新の精密検査機、そして世界の鑑定機関と連携しながら時には鉱山に直に訪れ情報を収集してこられました「日独宝石研究所」の古屋正貴氏の協力をいただき皆様に安心して宝石をお持ち下されますよう宝石鑑定書作成のお手伝いをさせていただいております。

代々受け継がれております宝石や仕舞いこんである宝飾品、自分がお持ちの宝石類の価値を知りたい方がたくさんいらっしゃいます。どうぞお気軽にご相談およせくださいませ。セカンドオピニオンとしてもご利用くださ

contact & access

ご一報のうえご来店くださいませ。

Please visit us after it let me know.

mail :                info@mediatoll.jp

telphone :          03-3486-4109

adress :            東京都港区南青山5−2−15 

                        ヴィオレ南青山 1F 

                        5-2-15 Minami-aoyama  Vioret  mediatoll 

                        Minato-ku Tokyo,Japan 107-0062

 

contact & access

ご一報のうえご来店くださいませ。

Please visit us after it let me know.

mail :                info@mediatoll.jp

telphone :          03-3486-4109

adress :            東京都港区南青山5−2−15 

                        ヴィオレ南青山 1F 

                        5-2-15 Minami-aoyama  Vioret  mediatoll 

                        Minato-ku Tokyo,Japan 107-0062

 

contact & access

ご一報のうえご来店くださいませ。

Please visit us after it let me know.

mail :                info@mediatoll.jp

telphone :          03-3486-4109

adress :            東京都港区南青山5−2−15 

                        ヴィオレ南青山 1F 

                        5-2-15 Minami-aoyama  Vioret  mediatoll 

                        Minato-ku Tokyo,Japan 107-0062